一体型の水銀灯

天井の蛍光灯

お部屋の照明には蛍光灯や白熱電球を用いているご家庭がまだ多くあります。
しかしそういった照明器具を置き換える物として注目されているのがLEDです。
LEDは低消費電力、低発熱性といったラニングコストを下げる要素が強く、従来型と同じ発光量でも使用電力量をかなり抑えることが可能です。
そして、長寿命であるため、一度設置すれば電球や蛍光管が切れて交換するという手間がはぶけ、購入コストも抑えることが可能です。
その寿命は2万~6万時間で、一般家庭の使用では約10年程度となり従来のものとくらべて非常に長持ちと言えます。
このような特徴から、近年のエコロジーを意識した電機機器の代表的なものとされ、照明器具として設置をすることで光熱費の削減につながります。

以前のLEDの製造には高度な技術や高価な半導体製造装置が必要だったため、非常に高価でした。
そして近年では廉価化の傾向にありますが、未だ発展途上の市場ということもあり、従来の照明器具に比べると値段が高いのが現状です。
しかし、ランニングコストを含めて比較すると、大変お得になるケースがあります。
例えば白熱電球からLED照明に変えることで電気使用量は1/10程度となり、リビングなど長時間使用する場所では数年の使用で設置費用を補える程度には電気代を抑えることが可能です。
そしてLED照明には調光が可能なものも多く、部屋の明るさを調節して電力を抑えることができるため、より効率的にコストダウンが出来るのが大きなメリットといえます。